レシピの中に可能性を発見

 ナースの仕事をしている自分へのご褒美として、休日に料理を作る人がいると思います。料理好きの人の中には、料理は心をスッキリさせる効果があると信じている人もいます。無心になって手先を動かしたり、仕事をしているときの自分とは違う自分が存在することを強く実感するからでしょうか。
どんな料理を作ろうか迷っている時は、選んだ料理がレシピ通りに再現できるのか、ようするに、成功できるのかを思案しながら迷うのでしょう。そういった点から料理への探究心が深まってくるのでしょう。料理をやればやる程料理の奥深さに舌を巻くことになるのだと思います。しっかりと段取りを考えて料理を作ることで、思い描いていた通りの料理が完成すると信じているのです。料理の腕に自信を持つことが美味しい料理を作る秘訣のひとつだと思っているのかもしれません。
 レシピを参考にして料理を作っている中で、ひょっとしたら自分なりにアレンジしたらもっと美味しい料理が完成するかもしれないと感じることがあると思います。それを信じて試行錯誤の末に完成した料理を口にした時、ほっぺたが落ちる程の香りと味が口の中に広がっていることに驚くかもしれません。自分に、料理の才能があるのではないかと疑ってしまうことさえあるかもしれません。その時は、予想以上の出来映えにただただ感心するばかりでしょう。そのレシピをベースにして発展していこうという向上心が生まれることは、よくあるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です