女性の料理上手に関する男女間の違い

看護師として働きながらも、毎日の食事の準備している女性は多いと思います。そして、自宅にいた際の母親の料理で好きな料理があったとしても、それと自分の料理は別物だという考え方を持っている人が多いと思います。
ですから、女性が考える料理上手の基準は、如何に手間隙をかけずに、それでも手が込んでるような料理を作れるか、冷蔵庫にある限られた食材を組み合わせて料理ができるか、また、自分なりのオリジナルレシピなどを持っているかどうかなどが、女性にとっての料理上手のポイントとなります。とくに看護師ほど忙しい職業なら、手間をかけずに短時間、と言う条件は重要ですね。
一方の男性は、お袋の味がメインになるようで、結婚すると、自分の母親から料理を学ばせ、お袋の味を再現させようとする人が多いようです。たとえば長野県なら『野沢の漬物』などでしょうか。その他にも『イナゴの佃煮』や『はちのこ』など。これは長野県特有の郷土料理なので、他県の女性には難しいかもしれませんね。長野県に特化したレシピではありませんが、長野県の看護師さんに向けた多機能なサイトの中に、手早く作れるレシピがあったのを思い出したのでついでにご紹介します。
参考サイト⇒(賢く転職!長野のオススメ看護師求人)
さて、話はもどりますが、男性にとっての料理上手とは、自分の母親に味付けが似ていたり、自分が食べたい料理を作ってくれる女性ということになるのでしょうか。
でも、男性に料理上手と思われたいばかりに男性の食べたいものだけを聞いていたら、脂っこいものなどが多いため、体にはよくありません。
ですから、そういった料理を随所にちりばめながら、健康で体に優しい料理が作れ、なおかつ経済的な料理ができる人ということになります。
そうは言っても、それらを完璧にこなすのは無理がありますかtら、今日は旦那さんが食べたい料理、明日はオリジナルレシピの料理などと日によって変化させていくのもいいでしょう。
また、時には冷蔵庫内を確認し、冷蔵庫にあるものを組み合わせて作る料理などがあってもいいと思います。
そうやって食にメリハリをつけることで、旦那さんも今日は何かなという楽しみも沸いてくるので楽しく食事ができ、笑顔でいることも多くなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です